人気ブログランキング | 話題のタグを見る

南米アルゼンチンから期待のメロディアスHRバンドNEON RIDERがデヴュー・アルバムをリリース!

南米アルゼンチンから期待のメロディアスHRバンドNEON RIDERがデヴュー・アルバムをリリース!_c0072376_19055474.jpg
NEON RIDER 「Destination Unknown」'24

南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを拠点に活動するツインギター5人組バンドNEON RIDERが記念すべきデヴュー・フルアルバムをドイツのPride & Joy Musicレーベルからリリースしたのを少々遅れてGETしたのでご紹介。

アルゼンチンのロックシーンで活動する2人のギタリスト Hernan Cattaneoと Marcos Nieva Greenはアルゼンチン・パワー・メタル・バンドAMMAで活動を共に(AMMAでは Marcos Nieva Greenはベースをプレイ)しており、Hernan Cattaneoは他にもEDENLORDなるパワー・メタル・バンドでも活動していて、そんな2人が自分達のルーツであるHRとAORをベースに、よりクラシックなサウンドの音楽を作るために新たなプロジェクトを2020年の後半に結成した事からNEON RIDERの歴史はスタートする。

因みに Marcos Nieva Greenは他にもSONS OF SIONなるシンフォ系メタル・バンドやV-TWINなるメロハー・バンドではリードヴォーカル(!)を担当している、なかなか多芸なプレイヤーだ。

まず2021年にドラムが空席のままデヴュー・シングル『On The Run Again』をデジタル・オンリーでリリース。

当時の面子は Hernan Cattaneoと Marcos Nieva Greenの中心メンバーであるギター2人に加え、シンガーに Bruno Sangari、ベースに Nelson Nelsixxという構成だった。

粗削りながら80年代リスペクトなHMにAORをミックスしたような洒落たキーボードがフィーチャーされたメロディアス・サウンドは光るモノを感じさせるが、まだ Bruno Sangariのヴォーカルも不安定な上に無駄にガナリ立てており、如何にもインディHRバンドな纏まりに欠けるサウンドでありました。

御多分に漏れずインディ・バンド定番なメンバーの入れ替わりがありつつ、2023年になると4曲入りデヴューEP『Timeless Times』を自主リリースするが、この時点でベースには Daniel Bravo、ドラムに Pablo Ureta、そしてキーボーディスト Gerardo Abbenanteを擁するツインギター&キーボード入り6人組編成へ。

かなり現在のサウンドに接近した音へ洗練度が増し、分厚いコーラスと鍵盤サウンドを全面に押し出してAOR成分を強めた、80年代USメジャーを彷彿とさせる洒落たアレンジと華やかなシンセ・サウンドが心地よいキャッチー・サウンドをこのまま模索するのも悪くないと思わせるEPでした。

ですが残念ながら程なくして Gerardo Abbenanteが抜け、ツインギター5人組編成になると目出度くドイツのPride & Joy Musicレーベルのバックアップを受け記念すべきデヴュー・フルアルバムを2024年にリリースと相成った訳であります。

中心人物のギタリスト2人がパワメタ・バンドに現在も在籍している関係でか、この手の80年代リスペクト系メロハー作にしてはヘア・メタル全盛期を華やかに飾ったギター・ヒーロー張りのフラッシーな速弾きもフィーチャーされたりとギター・サウンドにギラつくメタリック成分が色濃いのが大きな特徴で、オクトジェニック・メロハーに定番なエモーショナルで叙情的なヴォーカルとメロディックに煽情する歯切れ良いハードなツインギター、そしてギター・オリエンテッドでHR然としたサウンドを軸としつつメロディアスなハード・ポップ、ムーディーなAOR、キャッチーな産業ロック等の要素を巧みに取り込みモダンな感性を付け加えた、独特のメタル・アプローチが隠し味な〝古くて新しい”オクトジェニック・メロディアスHRサウンドを提示している。

サイバーなイメージのアルバムジャケから『シンセウェヴ系バンド?』と思いがちだが、その実は南米バンドに特有なメロディアス・サウンドへの強い拘りがあるオールドスクール寄りサウンドで、何故か80年代ジャパ・メタ風サウンドに聴こえる瞬間が多々ある(母国語が英語でないのに英詞を歌ったり溌剌と英語サビを歌い上げるから??)のが面白く、メタル・エッヂを残しつつ華やかなシンセを控えめに配し80年代風なAORとメロディアスHRをMIXしたかのようなキャッチーでブライトな楽曲は新人バンドらしいフレッシュな息吹とポジティヴな感性に満ちており、フック満載な上に印象的なコーラスと爽快な歌メロがタップリとフィーチャーされた洗練されたロック・サウンドには、メロハー・ファンが求めるモノが全て揃っていると言えましょう。

また、アルバム最後のトラック『Riders Of The Night』には特別ゲストとしてバンドメンバーの子供達を含む子供合唱団が招かれ、可愛いらしい声で軽やかに歌い上げており実に微笑ましい限りだ (*´ω`*)

ただ本作に全く問題が無い訳ではなく、自主制作盤でもないのに著しいプロダクションの問題を抱えており、このアルバムはバンド全員でプロデュースし、Marcos Nieva Greenがミックスとマスタリングを担当した様だが、ドラム・サウンドが軽く薄っぺらでボトムのヴォリュームが不足(リヴァーヴ不足?)して聴こえるのと、楽曲によってミックスのバランスにもバラつきがあったり、更に一部にノイズが聴こえたり、と楽曲クオリティは一定レベルを保ちプレイも頑張っているのに細かな所で色々と損をしている、プロダクションの問題と合わせて折角レコーディングしたサウンド全体が平坦に聴こえてしまう等の弊害が生じているのが非常に残念だ…

思うにPride & Joy Musicレーベルからのリリースは、自主制作盤でリリースするまで音源が完成してから急遽決まった為、その自主盤音源をそのままリリースしてしまったと言うのが事の顛末ではないだろうか? いやー、そこはレーベルの方がチェックしてちゃんとスタジオで問題点を直さなきゃ駄目でしょうに、ねぇ?

てか、EPの時よりサウンド・クオリティが下がってるのが訳分りません。もしかして脱退したキーボーディスト Gerardo Abbenanteの尽力でEPの録音品質が上がってたんだろうか?(汗 もしそうだったならアルバムの録音だけでもヘルプ頼めば良かったのに…

後は母国語でないので仕方がないだろうが、所々で Bruno Sangariのヴォーカルに不自然さを感じてしまう時が多々あり、これは今後キャリアを積めば時間が解決してくれるものと信じたい。

とは言え、まだデヴューしたての若いバンドなのでアレコレ文句をつけても始まらないし、今後はきっと細かな問題等も改善されてより欧米バンド・レベルに仕上がった素晴らしい作品を届けてくれる事を祈ろう。

まぁ、バジェットさえ用意されて優れたスタジオ・ワークが成されれば今回の様なプロダクション問題はすぐ解決しますからね。

個人的にはEP時のゴージャスでバランスの取れたメジャー路線のAOR成分強めな煌びやかなキーボードサウンドが活かされた方向性の方が好みでしたが、中心人物がギタリスト2人では致し方がないですよね…

ADELLAIDE、HUNTER、Eddie Vantez、MARENNA、GUNNER等々の国内盤リリースが望み薄く輸入盤店を賑わしている南米メロハー・バンドのファンならば迷わすチェックしても決して損は無い、アルゼンチンから登場の期待の新星メロハー・バンドNEON RIDERのデヴュー作を是非ご自身の耳で確かめて欲しい。

Tracks Listing:
01. Destination Unknown
02. Neon Rider
03. Feel The Magic
04. Unleash Your Fire
05. I Lay My Life In Rock And Roll
06. Compass Rose
07. Surreal
08. My Time To Say Goodbye
09. Standing By The Edge
10. One And Only
11. One Night In The Big City
12. Riders Of The Night

NEON RIDER Line-up:
Bruno Sangari    (Lead Vocals)
Hernan Cattaneo   (Guitars & Backing Vocals)
Marcos Nieva Green (Guitars & Backing Vocals)
Daniel Bravo     (Bass & Backing Vocals)
Pablo Ureta     (Drums)

Produced by NEON RIDER



# by malilion | 2024-04-12 19:08 | 音楽 | Trackback

期待のオクトジェニック・メロディアスHR&AORデュオ TIMSONが英国からデヴュー!

期待のオクトジェニック・メロディアスHR&AORデュオ TIMSONが英国からデヴュー!_c0072376_20052225.jpg
TIMSON 「Forever's Not Enough」'24

40年も遅れてデヴュー作を届けて申し訳ない、とインナーで語る60代ロッカー Mark Timson率いる80年代リスペクトなUKメロディアスHR&AORデュオ TIMSONのペーパースリーヴ仕様の自主CD-R デヴュー盤を少々遅れてGETしたのでご紹介。

楽曲制作を主導するイギリス人ミュージシャン Mark Timson (Guitars、Bass、Keyboards、Drum Programming)とチリ人シンガー Lukky S (Vocals、Guitars、Synthesizer)によるデュオによる自主盤デヴュー・アルバムは、そもそも1980年代に Mark Timsonによって作曲された古い2曲を現代風へアップデートする事からスタートし、英国とチリの二国間で音源をネットを介してやり取りしながら長い時間をかけて徐々に楽曲が創作され、イタリアのMetal Kyrpt Studioの Dorian Falconeriによる最終ミキシングとマスタリングを経て、遂に40年来の Mark Timsonの構想が結実し2024年1月にリリースされた。

やはりリアルタイムで80年代を経験している Mark Timsonのペンによる楽曲だからなのか、当時を知らぬ今の若いミュージシャン達が華やかなロック黄金期への憧憬を抱えて創作したサウンドと感触が明らかに違いアルバム全体からノスタルジックな香りが隠しようもなく漂っているが、今のバンド達が無意識に混入させてしまうモダンな感覚が希薄なのが逆に今の耳には妙に懐かしくそして新鮮に感じられる80年代HR、AOR、産業ロックまんまなリバイバル・クラッシック・ロックサウンドと言え、なので当たり前だが別段コレと言った目新しさは皆無で、メジャー級バンド作の様なゴージャスさや高品質プロダクションでもなく、また後先考えない若いミュージシャンの感性の暴走や派手なインタープレイ等も飛び出して来ないが、80年代当時のメインストリーム・サウンドが好きな方なら歓喜する事間違い無しな、香港の夜景をあしらったレトロ・テイストのアルバム・ジャケットからイメージする通りな安心して身を委ね至福の時を味わえる一作と言えるだろう。

UK産メロハー・バンドとして既に知られているNEWMAN、VEGA、NITRATE等や、最近国内盤がリリースされて話題沸騰中な北欧スウェーデンの新鋭メロハー・バンド REMEDYがお好みな方なら間違いなくチェックしても損はない、けれど圧倒的にレトロ風味とAORタッチが強いのが本デュオ作で、ハードエッヂより美旋律さ重視の甘くメロディックなリフ、印象的なギター・ソロ、気の利いたアレンジが活かされた小気味よいキーボード、さり気なく配された甘美なストリングス、控えめで華やかなシンセ、ソリッドでベーシックなリズム・ワーク、少し苦りのあるミドルレンジ主体で歌い上げるエモーショナルで情熱的なヴォーカル、そして耳馴染の良いフックの数々と『これ以上オクトジェニック・メロディアスHR&AOR作に望むものが有るだろうか?』と、いう堅実で教科書通りとも言える創りのアルバムだ。

80年代風クラシックHR、ラジオフレンドリーなパワーバラード、ムーディーなミッドテンポ・チューン、エネルギッシュで勢いがあるアップテンポ曲、それら全てが終始キャッチーでメロディアスな楽曲ばかりが詰め込まれた本作は、80年代中期~後期に英国でリリースされたFM、STRANGEWAYS、VIRGINIA WOLF、OUTSIDE EDGE等のアルバムと同じ香りを強烈に放っており、80年代ブリティッシュ・メロディアス・ロック愛好家なら迷わず手を出すべき一枚なのは間違いない。

流石に50年近く Mark Timsonがギターを弾いてきただけあって完全に現代モダン・ロックからの影響を感じぬ訳でもありませんし程よくアメリカン成分も感じはしますが、根っこの部分がどうしょうもなく80年代英国キャッチー・サウンドなのと、シンガー Lukky Sが持ち込んでいるだろう音楽性が上手い具合に混在して完全に80年代英国ポップ・ロック・エミュレートでない毛色の違いを生んでいるのも面白いポイントでしょう。

ただ、こんなに内容が素晴らしいだけにプレスCDでなくCD-R製なのが惜しく、悔やまれます…バジェットの限られた自主盤だし仕方がないんだけど…orz

既述バンドのファンな方や80年代UKメロディアス・ロック・ファンな方、イタリア Frontiers Recordsリリース作や英国ESCAPE MUSICリリース作がお好みの方、そして最近流行りのシンセウェーブ作がお気に入りな方なんかにもお薦め出来る、些か派手さや刺激、そしてオリジナリティには乏しいけれどジックリ味わい長く楽しめるオクトジェニック・メロディアスHR&AOR作ですので、ご興味あるようでしたら是非とも自身の耳でチェックしてみて下さい。

Tracks Listing:
01. Searching For Myself
02. Gambler
03. Across All Chaos
04. More Than Enough
05. Running For Our Love
06. Forever's Not Enough
07. Love Will Find A Way
08. Where The Brave Ones Go

TIMSON Line-up:
Mark Timson  (Lead Guitars、Bass、Keyboards、Drum Programming)
Lukky S     (Vocals、Lead Guitar、Synthesizer)

Produced by Mark Timson & Lukky S


# by malilion | 2024-04-11 20:06 | 音楽 | Trackback

90年代初頭に華やかでキャッチーなサウンドを引っ提げて活躍したFIREHOUSEのシンガー C. J. Snareが死去。


米国HRバンド FIREHOUSEのリード・ヴォーカリスト C. J. Snareが2024年4月5日金曜日の夜に自宅で死去した。

バンドがSNSで発表。64歳だった。

2023年 C.J.は手術を受けた為に一時的に活動休止を余儀なくされたが、今年の夏にはライヴ・パフォーマンスに復帰する予定だった。

もう彼の少しハスキーで溌剌としたハイトーン・ヴォーカルを聴くことは叶わない…

RIP...C. J. Snare...


# by malilion | 2024-04-08 13:08 | 音楽 | Trackback

メジャー&マイナー問わず様々な幅広いバンドやアーティストに楽曲提供していた米国人ミュージシャン Mark Spiroが死去。


CHEAP TRICK、HEART、Mr.BIG、REO Speedwagon、KANSAS、BAD ENGLISH、GIANT等々、数多くのメジャー&マイナー・アーティストやバンドに楽曲提供して来ただけでなく、ソロ・アーティストとして20年以上の活動をする傍らプロデューサー、ソングライターとしても高い評価を獲得し続けていた米国人ミュージシャン Mark Spiroが死去。

肺癌の為、67歳の誕生日である3月28日に亡くなった模様だ。

近年だと東欧ハンガリー期待の新鋭 STARDUSTだったり、LAの有名セッション・ギタリスト Michael Thompson率いるMICHAEL THOMPSON BAND等にもメロディアスでキャッチーな楽曲を常に提供し続けてくれたのでAOR&メロハー・ファンにもお馴染みなソングライターでした。

イタリア Frontiers Recordsリリース作をはじめ北欧メロハー系バンドのアルバムでも良く彼の名前がクレジットされていましたね…

彼のペンによる楽曲と知らずにその美旋律の数々を耳にしているメロハー・ファンも多かった事でしょう、非常に残念な知らせであります…

RIP...Mark Spiro...


# by malilion | 2024-04-03 14:15 | 音楽 | Trackback

アメリカンHMバンドSKID ROWからヴォーカリストの Erik Gronwallが脱退!


2021年春に急性リンパ性白血病と診断され、当時所属していた北欧メロハー・バンドH.E.A.Tから健康問題を理由に脱退していた Erik Gronwall。

なのに間もなくSKID ROWへ加入した、との情報を耳にした時は『健康状態の問題はどこへいった!?』と驚かされたものでした。

まぁ、案の定と言いましょうか折角SKID ROWへ加入して16年ぶりとなる最新作『The Gang's All Here』'22 をリリースするのに協力したものの再び健康問題で脱退と相成った模様だ。

きっとH.E.A.Tを脱退して治療に専念しなきゃ、とか悩んでいるトコにビッグネームのSKID ROWから声をかけられて嬉しさの余り即加入を承諾しちゃったんでしょうなぁ…

ウーン、その気持ち分からなくもないけど自分の体を第一に考えるべきでしたね…

『移動と過酷なツアーが自身の健康と回復に寄与しないと判断し、健康、治療、家族にとってより快適なライフスタイルに集中する事を望んでいるためバンドを離れる決意をした』と Erik Gronwallは語っている。

そりゃそうだ、としか言えない理由でなんとも(苦笑

相変わらずフロントマンの問題でゴタついているSKID ROWには気の毒だけれど、病を抱えたシンガーを加入させる判断をしたのがそもそものミスとしか言いようがありませんね…

Erik Gronwallの一日も早い回復を祈って、今後どんな作品に彼が関わるのか続報を待ちたいと思います。


# by malilion | 2024-03-28 08:54 | 音楽 | Trackback